0
0
Subtotal: ¥0
カートに商品はありません

Google広告事例講座-債務整理

¥11,000 (税込)

学習内容

講座プレビュー動画

講座解説

債務整理と一言でいっても、「任意整理」や「自己破産」など複数の方法があります。

また、債務整理を行いたいと考えているユーザーも、借金の額によって、どのような方法で債務整理を行うべきかよくわかっていません。

そのため、債務整理を行う事業者がGoogle検索広告で行うべきことは、検索キーワードから、債務者であるユーザーがどのような状態にあるのかを考えることです。そして、自社が提供するサービスが債務者であるユーザーの状態を解決できるかどうかを考えて、出稿するキーワードを選択する必要があります。

債務整理の事業を行っているからといって、債務整理や借金などに関するキーワードすべてに対して、広告を出稿すると、広告費用ばかりかかってしまうことになりかねません。

ユーザーが検索をしているキーワードと自社が提供するサービス内容をどううまくマッチングさせれば、問い合わせなどの成約につながるか?を考えることが、Google検索広告で成果を出すために必要なことです。

本講座では債務整理事業を展開している法律事務所の方や顧客に法律事務所の方がいるWeb広告代理店向けに、債務整理のGoogle検索広告の出稿方法のポイントをまとめました。

講座の中では、債務整理にあわせたGoogle広告の設定方法や広告文、キーワードのサンプル事例を掲載しております。事例などは自由にご利用いただいて構いません。

以下、講座の目次になります。

  • 債務整理の訴求ポイント
  • 債務整理の成果地点
  • 債務整理の広告文作成
  • 債務整理のGoogle広告出稿方法事例
  • エリア設定の注意点
  • 入札単価の設定
  • キーワードの設定
  • 広告文の設定
  • まとめ

30日間返金保証サービス

当社では、ご納得されたうえで学習を続けていただくための制度です。受講してみて合わないと感じられた場合、受講開始日から30日以内に申請いただければ、返金を致します。

※会員サービスは対象外となります
※返金保証制度を悪質な利用をした場合、制度対象外と致します。

カテゴリー

Google検索広告で債務整理の広告を出稿する場合のポイントについて解説。Google検索広告で出稿する際のキャンペーン設定や広告文、キーワードの具体例を公開。

対象:法律事務所の方、Web広告代理店、アフィリエイター

¥11,000 (税込)

30日間返金保証サービス

当社では、ご納得されたうえで学習を続けていただくための制度です。受講してみて合わないと感じられた場合、受講開始日から30日以内に申請いただければ、返金を致します。

※会員サービスは対象外となります
※返金保証制度を悪質な利用をした場合、制度対象外と致します。